NPO法人リエゾン

NPO法人リエゾンTEL/FAX

クローズアップ過去記事 2013 2014 2015 2016 2017 2018

2012/12/25 「職員研修のご報告」


職員研修のご報告  職員研修のご報告


こんにちは、リエゾンの江口です。
12月19日に石川県障害者職業センター山本カウンセラーを講師としてお招きし、支援のスキルアップのための職員研修をおこないました。今回は職員の他に、金沢大学のジョブコーチの皆さんと一緒に受講しました。
テーマは「脳外傷による高次脳機能障害の特性とその支援方法について」ということで、山本カウンセラーにご講義頂き、その後具体的な事例に関する助言を頂くことができました。
今回学ばせて頂いたことを、リエゾン内で実践に取り入れていきたいと思います。
講座を提供して頂きました独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構様、ありがとうございました。



2012/12/20 「志賀利一先生訪問、事務局の任務終了、講演のお礼、ハローワーク金沢訪問」


志賀利一先生訪問  事務局の任務終了  講演のお礼 ハローワーク金沢訪問


こんにちは、リエゾン中山です。4つの報告をアップいたします。ご覧ください。

12月7日  志賀利一先生訪問
独立行政法人のぞみの園研究部長、志賀利一さまが訪問くださいました。
障害者就労支援のオーソリティーであり、重度障害者の支援まで幅広い研究活動、支援活動をされています。
JC-NET実践フォーラムで基調講演をされました。
12月9日  事務局の任務終了
2012年JC-NETジョブコーチ実践フォーラムが無事終了いたしました。
今回は事務局をさせていただきありがとうございました。
北陸3県、スクラムを組んで開催できました。
12月10日  講演のお礼
石川労働局主催の「職業リハビリテーション推進フォーラム」で発表させていただきました。
ありがとうございました。
12月13日  ハローワーク金沢訪問
リエゾン利用者と職員でハローワーク金沢へ行きました。ハローワーク職員の方からハローワークの使い方、求人検索の方法を教えていただき、その他様々な疑問にも答えていただきました。
ハローワークに初めて行く人はもちろん、行ったことのある人もこのような丁寧な説明を受けるのは初めてだということでした。
ハローワーク金沢の皆様、どうもありがとうございました。



2012/12/18 「関西研修のご報告」


関西研修のご報告 


こんにちは、リエゾンの古賀・木村です。
12月12日~14日にかけて、関西研修に行って参りました。
支援力の向上とスキルアップを目的とした研修です。
主な研修内容は下記の通りです。

■12,13日・・・クロスジョブ堺、阿倍野(就労移行支援の方法や工夫を直に学ぶ)
・個別支援計画書の会議へ参加
・高次脳機能障害のグループワークへ参加
・その他プログラムへの参加・見学
・職員への質疑応答
*13日の夜は、高次脳機能障害に関する医療関係者の方々の勉強会に参加し、事例発表を聞いてきました。

■14日・・・シャープ特選工業株式会社様(見学・実習体験)
・シャープ特選の歴史や業務内容、支援者との連携などについての座学研修
・本社内の見学
・田辺工場の見学、実習体験
・意見交換

クロスジョブの研修では、同じ思いを持って取り組んでいる仲間がいることがとても心強く、リエゾンでもすぐに取り入れたいと思う支援工夫が随所に見られました。早速リエゾン内でもフィードバックして実践に取り入れたいと思います!
また、シャープ特選では、日本で初の特例子会社というだけあって、歴史に裏打ちされた障害者雇用への理念と熱い思いを感じることができました。プロとして仕事をされている現場には「共生の社会」が自然にあって、そのことに感動すら覚えました。
研修中は、気づきと学びの連続でした。ここで感じたことが、その場で終わらないよう、日々の支援に生かして参ります。
お忙しい中、私たちの研修に協力して下さったクロスジョブ堺、阿倍野の皆さん、シャープ特選工場の皆様、そして関係者の皆様、本当にありがとうございました。



2012/11/29 「就労決定のご報告」



こんにちは、リエゾン中山です。
リエゾンから第一号の就労者が出ました。
就労先は、HondaCars北陸 金沢御影店です。おめでとうございます。

本人の努力は勿論の事、就・生支援センター、障がい者職業センター、ハローワーク金沢、金沢行政、発達障害者支援センター等、各役割での支援があってこその実現です。ありがとうございました。
障がい者の就労支援は送り出して終わるものではありません、企業から雇って喜ばれ、本人も会社に誇りを抱く関係性を築いていく大切な支援のスタートです。長く勤められるよう、企業での支援をしていきます。
障がい者の就労支援は、これからが本番です。



2012/11/20 「小川治氏、酒井大介氏訪問のご報告」


小川治氏、酒井大介氏訪問のご報告  小川治氏、酒井大介氏訪問のご報告  小川治氏、酒井大介氏訪問のご報告 小川治氏、酒井大介氏訪問のご報告


11月19日、リエゾンに、NPO法人JC-NET理事長 小川浩先生(大妻女子大教授)が訪問くださいました。
日本にジョブ・コーチ(就労支援)を拡げた第一人者、以前より支援技術を御指導いただいております。又、当日大阪の加島友愛会のかしま障害者センター館長 酒井大介さまも、同伴してくださいました。
今回は、急にスケジュールが空いたので、リエゾンに訪問くださったとの事。
スタッフ一同、光栄に感じ、今後も支援技術の向上に励みたいと思います。
今後もご指導ください。ありがとうございました。



2012/11/20 「講演会実施のご報告」


講演会実施のご報告 


こんにちは、リエゾン中山です。
11月4日、2012年度題11回市民フォーラムで、支援者の立場でパネラー発表をさせていただきました。
テーマ「自分で作るわたしの未来!セルフプランニングを中心に」で当事者の皆様、保護者の皆様と話し合う良い機会となりました。



2012/11/12 「Liaisonのバックアップ企業様の紹介」


Liasonのバックアップ企業様のご紹介  Liasonのバックアップ企業様のご紹介 


<Liaisonのバックアップ企業様の紹介>
リエゾンの施設外就労(事業所外で働く体験をさせていただく機会)で、ビル管理のお仕事を依頼して下さった「株式会社 山田」の代表です。(下記に写真掲載)
※リエゾンスタッフと業務の内容についての打ち合わせ中です。

山田代表は、独自の繊維の織機を開発され、ブランド王国のイタリアを始めヨーロッパ、アジア、世界中を駆け巡った経歴がおありになります。
リエゾンの活動を一目見て「仕事ができる、うまく教える」と評価頂き、民間委託していた仕事をそのまま私たちに下さいました。
代表の一言、「しっかり仕事をしてくれる。丁寧にものを扱ってくれる。前の業者より凄いから委託したまで。企業として当たり前なことをしたまで!」誠、偏見のないしっかりしたご意見でした。
時間があると、私に対して会社運営のことや、人を雇う時の心得、営業に交渉等、社長術を教えて下さいます。私に対して一言。「あんたは、温い(ぬるい)処が魅力かも?」


<金沢大学ジョブコーチとの支援交流>
 リエゾン中山です。先週、金沢大学の総務部人事課に行ってきました。
石川県では最強の企業内ジョブコーチ軍団の皆様と支援検討をしてきました。
これからも連携支援をしていきます。



2012/11/12 「施設外就労のご報告」


施設外就労のご報告  施設外就労のご報告  施設外就労のご報告


こんにちは、リエゾンの古賀です。
10月より、施設外就労の一環としてビル管理(清掃業務)がスタートしています!
1ヶ月が経ちましたので、その様子を簡単にご報告させて頂きます。

【施設外就労を行う意味】
実際の「働く」環境の中での適応性を見るための訓練内容です。
支援員は利用者の特性を知るために そして 利用者の方々は一般社会の「働く」に近い訓練の機会を得るために、施設外就労に取り組んでいます。

【ビル管理(清掃業務)について】
10月からは、リエゾンも入っているYSビルの清掃業務を任せて頂くことになりました!
もちろん、「仕事」としての責任ある業務です。
YSビルの管理をされている山田社長のご理解とご協力もあって、スタートしたこの清掃業務。厳しく温かいご意見を頂戴しながら日々取り組んでおります。
現場目線での率直な評価は、リエゾン全体で真摯に受け止め、取り組んで参ります。
最近では、利用者の方々の仕事を見て、お褒めの言葉を頂くことも多くなりました。
この褒めの言葉こそが、仕事に対する興味を深め、モチベーションを高めることになります。
施設外就労は、管理会社より料金支払いが発生し「報酬は労働の対価である」ということを身を持って体験するいい機会になっています。
No Work-No Pay、一般就労を目指すにおいて、とても重要な要素です。

【1ヶ月たって】
最初は、場に慣れることから始まった清掃業務。
今は、各自「複数の工程を覚える」「効率よく行う」「時間配分を考える」など、目標レベルが上がってきています。
事務所が入っているビル内で就労体験ができるという、恵まれた環境の中で、就労に向けてステップアップができるのは、とてもありがたいことです。
山田社長、関連会社の皆様、今後ともよろしくお願い致します。



2012/11/7 「フォーラム開催のお知らせ」


フォーラム開催のお知らせ  フォーラム開催のお知らせ 


2012年度 公益財団法人キリン福祉財団助成事業「2012年度 JC-NETジョブコーチ実践フォーラム北陸 IN金沢」 開催のお知らせです。
独立行政法人のぞみの園研究課長、志賀利一さんの基調講演に、富山、福井、石川の北陸3県の代表するジョブコーチの実践報告が行われます。

金沢はNPO法人ジョブコーチネットワーク主催の地方セミナー発祥の地(スタートは横浜でしか受けられませんでした!現在では、日本だけでなく海外までセミナー進出しているまでになっております)。
ジョブコーチの技術は、事業所内外での支援にも役立つもので、移行サービスだけで使うだけの技術でありません。今回は、いろんな実践発表が用意されており、必ずや仕事を支援するのに大きなヒントになると思います。是非とも、参加されジョブコーチの役割を感じていただけると幸いです。

全国からのたくさんの参加お待ちしております。
PDFデータ
表 :
http://liaison501.web.fc2.com/10232.pdf
裏 : こちらより申し込み書をダウンロードできます。
http://liaison501.web.fc2.com/1023.pdf



2012/11/7 「研究会参加のご報告」


研究会参加のご報告 


こんにちは、リエゾン江口です。
10月31日に行われた、石川県立いしかわ特別支援学校 産業技術コース公開研究会に参加させていただきました。
午前中は、授業参観でした。「フードデザイン」、「ビルクリーニング」をそれぞれ見学させていただきました。広い校内の中、それぞれの持ち場で生徒さん達ががんばっている様子が見られました。
午後は、シャープ特選工業株式会社取締役経営企画統括 兼 新規事業開発部 兼 社内営業部部長 松岡恭之氏による「求められる人材とは?求められる支援とは?企業の考え方と実践より」というテーマの講演会を拝聴いたしました。
シャープさんで実践されている障害者雇用のための様々な工夫をパワーポイント、配布資料を交え紹介して頂き、大変興味深い講演会でした。
今回の研究会に参加して、学校と企業の間においての私達リエゾンの役割や立場を認識するとても良い機会になりました。
また、講演会終了後、松岡様がリエゾンにお立ち寄りくださいました。
いしかわ特別支援学校の皆さん、松岡恭之様、ありがとうございました。



2012/11/2 「研修会参加のご報告」



こんにちは、リエゾン職員の木村です。
10月26日、石川県健康福祉部 障害保健福祉課主催の「障害者一般就労支援スキルアップ研修会」に参加させて頂きました。

2講座とも、理想と思える環境の中で、精神障害者の就労支援としてIPS理論を取り入れた支援方法に関する講義内容でした。
新しい分野を興味深く拝聴させて頂き、今後の支援についてもいろいろな視点から見てみようと考えさせられる機会となりました。 
石川県ご担当者様、ありがとうございました。



2012/10/17 「NPO法人クロスジョブ理事長、濱田和秀氏訪問」


NPO法人クロスジョブ理事長、濱田和秀氏訪問  NPO法人クロスジョブ理事長、濱田和秀氏訪問  NPO法人クロスジョブ理事長、濱田和秀氏訪問


こんにちは、リエゾン中山です。朝晩は涼しくなり、秋の訪れを感じる金沢です。
さて、表題の件でご報告です。この度、クロスジョブグループの生みの親であり、クロスジョブ堺・阿倍野の代表理事である濱田和秀氏が10月10日~12日にかけて、リエゾンに訪問頂きました。
開所から半年目を迎えたクロスジョブ金沢リエゾンの支援体制及び運営適正化の評価をして頂くために、お忙しい中金沢までお越し頂いたこと、スタッフ一同感謝しております。
 
評価の内容としては下記のようなものです。
<支援技術>
① 支援の実践現場を見ての支援方法についての評価 
② 支援法に基づく記録や諸帳簿のチェック 
③ 相談技術の確認 
④ 各スタッフに対しての個人技法 
⑤ 利用者との面談を通して感想を聴く

<他機関との連携>
連携専門機関に出向き、リエゾンの外部評価を収集・分析する
(金沢市役所・発達支援センター・県のリハビリテーションセンター・手をつなぐ親の会・県研修センター etc)

<運営面について>
半年間の収支の確認と予算についての確認

<総括会議>
支援面と外部機関との連携について等
職員全員との意見交換 又 指導を受ける機会をとりました。

とても厳しく、また優しい指導があり、あっという間の3日間でした。

NPO法人JC-NET(ジョブコーチの良成をミッションとしている専門的団体)のセミナー講師や講演会でも有名な濱田和秀氏。
就労支援の実際を学ぼうと、金沢から大阪まで行かれる教育関係の先生もいらっしゃるほどです。又、昨年度は特別支援学校の進路指導講師として、能登から加賀まで学校を回った経緯があります。

今回、クロスジョブ金沢リエゾンの方向性を改めて確認するとともに、今すぐ改善できるポイントは早速実行に移していく所存です。
また、私たちのミッションを見失ってはいけないということを改めて感じました。やはり、「働く」支援を通じて共生の社会を作る―これにたどりつきます。
リエゾンでの日々の支援が、利用者の皆さんの「働く」に結び付くように、そして「働く」(就職)で終わることなく、共生の社会の中で生きていけるように、そんな思いで、金沢に根付いた事業所になるための決意をしました。
皆様、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

※夜は、教職員の方々と「濱田さんを囲む宴」にリエゾンスタッフ全員参加させて頂きました。合わせて写真をアップします!



2012/9/20 「いしかわ特別支援学校へ行ってきました」



こんにちは、リエゾン職員の木村です。
昨日(19日)、石川県立いしかわ特別支援学校へ行って参りました!
「障害のある生徒のインターンシップ促進事業」として、雇用促進セミナーが開催されていたのです。
 
主には企業向けのセミナーだったのですが、先生の取り計らいで「生徒の様子を見る機会になれば」と声をかけて頂きました。私自身、特別支援学校の中を見学させていただくのは初めてだったので、とても貴重な機会となりました。

生徒さんによる学校概要の説明や実習での感想発表はとても素直で、日頃の取り組みへの努力を感じました。又、実際に障害者雇用をされている企業の方より正直な声をお聞かせ頂き、今後の支援への大きなヒントを得ることができました。大変感謝しております。 
 
それにしても、とても整った環境に驚くとともに、自分の目標に向かって一生懸命がんばっている生徒さんを目にすると元気が出ました!私たちも、彼らのためにできることがあれば、ぜひ協力させて頂きたいと思います。  
 
セミナー後に生徒さんが作られたパンを頂いたのですが、とてもおいしかったです。
対応して下さった先生方、ありがとうございました。



2012/9/14 「発達障害の講演を行いました」


講演1  講演2  講演3


こんにちは、リエゾン中山、第2弾です。
昨日(13日)は、午前中にヒアリング調査(前クローズアップ参照)が行われた後、午後から発達障害に関する講演を行ってきました。

金沢市女性センター2階大会議室において、金沢市校下婦人会連絡協議会家庭教育委員会様よりご依頼を頂き、講演を実施する運びとなりました。

テーマは「発達障害と子育てについて」で、発達障害者の社会参加や就労支援を中心にお話させて頂きました。発達障害者が社会で自立して生活するためには、家庭内での生活支援やスキル向上がとても大切になります。実を言うと、家庭で日々家事を行われている「お母さん」が、発達障害者を社会参加・就職に導く大切な役割を果たしているのです。
我がリエゾンのミッション、「障害のある方々へ「働く」支援を通じて豊かで喜びある共生社会の実現を目指す」-これを実現するためにも、大切なキーパーソンとなってくる婦人会の皆様。真摯に講演を聞いてくださったことにとても感謝するとともに、ミッション実現に向けて、ほんの少し近づけたように感じました。

このような機会を作って頂いた金沢市教育委員会生涯学習の皆様、ありがとうございました。




2012/9/14 「厚労省ヒアリング調査のご報告」


調査員の方々と 


こんにちは、リエゾン中山です。
昨日、13日に行われましたヒアリング調査の報告をさせて頂きます。

国(厚労省)より平成24年度障害者総合福祉推進事業の委託を受けた、社会福祉法人横浜やまびこの里(横浜市発達障害者支援センター)の方々が、「発達障害者の効果的な支援方法」についての実地ヒアリング調査を行うために、昨日当事業所までお越しくださいました。

この調査の目的は、就労移行支援事業所において、効果的に取り組んでいる事例を描出し、事例集や支援プログラムを作成するために実態調査を行う、とされており石川県では当事業所のみの訪問とのこと!

ヒアリングでは、発達障害者の支援を行う上で、特に必要とされる5つの支援領域において、どういう工夫をしているかということを中心に調査が進みました。

さすが、発達障害者支援のメッカともいえる施設の方々。
ヒアリングはとても優しい雰囲気の中で行われましたが、その内容や着眼点はとても深く、厳しく、タイムリーなものが多かったです。
当事業所の個別支援計画や日々の記録、モニタリング、特性データなどを見て頂いたり、現在課題となっている支援について相談させて頂いたりと、とても貴重な機会になりました。

ご指導・アドバイスを頂き、大変ありがたく受け止めています。ぜひリエゾンの支援向上につなげたいと思います。

最後に、ヒアリング調査に当事業所を選択して頂いたことに心より感謝するとともに、今後も連携を図っていけるようお願い致したく存じます。

管理者の独り言…「光栄以外にありませんでした!」



2012/9/13 「就労支援の講演会に参加」


センター長と 


こんにちは、リエゾン職員の古賀です。
9月7日、金沢市精神障害者社会参加促進協議会主催の講演会へ参加してきました。

テーマは「札幌市における障害のある方の就労支援の取り組みと連携の実際」。
NPO法人きなはれ 就業・生活応援プラザとねっとのセンター長である重泉さんより、実状と実践を交えたお話を伺うことができました。
札幌の事例をベースに、主には精神障害の方々を対象としたお話でしたが、アセスメントの重要性や関連機関との連携・情報共有がいかに大切かを改めて実感する機会となりました。

特に、就労支援を行っていく上で必要になるモラル・支援の着眼点については共感する部分も多く、NPO法人としていかに町ぐるみの向上につなげるかという点では、これからのリエゾンのミッションに重なるところがあったように思います。
就労支援、それは職を決めるということだけで成り立つものではありません。
就労を支援することは、そのまま生活を支援することにつながっていて、最終的には住民の皆さんや地域の中に定着してこそ始めて成り立つものなのではないか、そんな風に感じています
講演会の前後では、県職員の方を始め、ハローワーク、職業センター、中ポツ、金沢大学人事課…等の皆さんとも御挨拶・お話することができ、よい機会になりました。

また、6日~14日にかけては、職員数名が就業支援基礎研修に参加しています。(石川障害者職業センター主催)
まだまだ勉強中の身ですが、支援スキル向上のためにがんばっていきたいと思います!



2012/9/1 「秦政さんとの交流」


会議写真  秦さん  職員と秦さんで集合写真


8月末、金沢市で障害者の雇用促進に向けた連絡会が設立されました。
同時に、初会合・講演が行われ我々リエゾン職員も2名参加して参りました!

その際に講演されたのが、表題にもある秦政(ハタ マコト)さんです。⇒「新聞PDFリンク」
秦さんは、NPO障がい者就業・雇用支援センター理事長であり、障害者雇用の特例子会社運営などの経験をもつスペシャリストです。

縁あって、数年前から交流のあった秦さんには、後日リエゾンにもお立ち寄り頂きました。「障害者の就労移行支援を語る会」と題して、リエゾン職員以外にもいろいろな分野の方々がオープンに集まることとなり、熱のこもった会が開かれました。 
参加された方々が、それぞれに感じ取った思いや問題意識を単発的に終わらせることなく、今後につなげていかなくては!と思いを強くした次第です。

秦さん、お忙しいスケジュールの中お時間を頂戴致しまして本当にありがとうございました。力強い励ましを頂き、うれしく思います。リエゾン職員一同、精進して参りますのでよろしくお願い致します。

■秦政さん(NPO障がい者就業・雇用支援センター理事長/秦コンサルテイングオフィス代表)
プロフィール
日鉄商事(人事部)勤務後、リクルートに入社。
平成13年日本障害者雇用促進協会・日本経団連障害者雇用アドバイザーに就任。
現在は、障害者雇用全般に関するコンサルテイングを手がけ、講演も多数行っている。著書多数。



2012 「メディア関連」



2012/7 NPOニュースに掲載されました。PDF資料はこちら

2012/5/1 北國新聞に掲載されました。PDF資料ははこちら

2012/1/23 中日新聞に新聞に掲載されました。PDF資料ははこちら



SUB MENU

ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system